【コンテンツマーケティングの強みと弱み】

コンテンツマーケティングが
「得意なコト」と
「苦手なコト」を
整理してみました。

コンテンツマーケティングで
成果をあげている企業に
共通しているのは

長期間にわたって
運用していることです。

一般的には、最低でも6か月
できれば1~2年くらいは
腰を据えて取り組む姿勢が求められます。

大切なことは
目標:KGI
(Key Goal Indicator
、重要目標達成指標)
をしっかりと定義し

そこにたどり着くための
段階的な
指標:KPI
(Key Performance Indicator
、重要業績評価指標)
を設定することです。

【メリット】
①潜在顧客と接点をもてる
②市場ニーズが顕在化していない
商材を認知啓蒙できる
③双方向のコミュニケーションを
確立でき、顧客インサイトを得られる
④顧客のニーズを育てられる
⑤顧客のロイヤルティが高まる
⑥専門家としてのブランディングに役立つ
⑦長期的な費用対効果が高い

【デメリット】
①運営に手間と時間がかかる
②短期の費用対効果が悪い
(即効性が低い)
③リーチ力が弱い
④長期にわたって取り組む必要がある
⑤タダではない
(社員工数などの隠れたコスト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。