【過去最高のパフォーマンスを一瞬で出す方法】

人は誰でも調子の良いときと
良くない時があります。
 
そして、調子が悪いときは、
それを言い訳に仕方がないかと
思ったりします。
 
でももし、いままでの人生の中で
 
最高にやる気があったときの自分と
 
最高に誇りを感じているときの自分と
 
最高に自信を持っているときの自分と
 
最高に嬉しいときの自分と
 
最高に幸せなときの自分と
 
最高に感謝に溢れているときの自分を
 
自由自在に
しかも、いっぺんに
大集合させることができるとしたら、
どれだけ高いパフォーマンスが
だせるでしょうか?
 
自分史上過去最高レベルの
感情の高ぶりと行動力を
生み出せるはずです。
 
今回はそんな
自分史上の最高の自分たちを引き出す
「オールスター呼び出しスイッチ」
の作り方をお伝えします。
 
パフォーマンスレベル=感情レベル
 
まず前提として、
人は悲しいときや怒っているとき、
心配しているときなど、
ネガティブな感情になっていると、
うまく活動ができません。
 
反対に、楽しかったり、うれしかったり、
誇らしかったり、やる気になっていると、
自分の力が存分に使うことができます。
うつ状態の人と、やる気に満ちあふれて
元気いっぱいの人であれば、同じ人でも
やる気で元気いっぱいの人の方が、
自分の力が引き出せそうですよね?
 
〜感情をためる5ステップ〜
「オールスター呼び出しスイッチ」の
作り方を5ステップでお伝えします。
 
Step1ーーーー
深呼吸をしてから、
目をつむって、
自分が【楽しかった】
思い出を思い出してみる
 
Step2ーーーー
その思い出を少し明るく大きくする
 
Step3ーーーー
周りにいる人の声を少し大きく近くする
 
Step4ーーーー
身体で感じている感情を
全身に広げ、
大きくする
 
Step5ーーーー
【楽しかった】感情が
最高潮になる瞬間に
【右手の手首を
左手で勢い良くつかんで】
ゆっくり目を開けて、
手をはなす
 
カンタンですが、
これで【楽しい】感情の
スイッチができました。
 
オールスター招集条件
【右手の手首を左手で勢い
良くつかむ】ことで
発動するようになりました。
 
楽しさを感じたい時に、
右手の手首を左手で勢い良く
つかむことで感じられるように
なります。
 
実際に、セラピーやコーチングなどの
場面で使われているテクニックです。
何度かやるとより
感情が強くなっていきます。
 
また、貯めた感情を使いすぎると
段々と弱まるので
時折貯めるようにしましょう。
  
  
〜最高たちを充電する〜
 
【楽しい】が終わったら、
 
次の5つの感情でもやっていきましょう。
【誇らしい】
【愛されている】
【幸せ】
【嬉しい】
【感謝できる】
 
 
〜習慣化する〜
 
このテクニックを寝る前や
朝起きたときの習慣にすると、
本当に心が落ち着くようになります。
 
そして、「ここぞ!」
というときに、
発動させることができ、
爆発的な行動力を生み出すことできます。
 
ちなみに今回はスイッチの場所を
【右の手首】にしましたが
他の場所でも大丈夫です。
 
普段あまり刺激の少ない場所の
ほうが効果的です。
 
一瞬であなたのいままでの
思い出たちが
あなたの最高の力になってくれる
私も大好きなテクニックです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。