【コンテンツマーケティングのメリットとは?】

Point1==================
コンテンツの資産効果で
広告宣伝費を抑えることができる
 
コンテンツマーケティングには
従来型の広告にはない
「蓄積効果」があり
 
一度発信したあとは
そのコンテンツ自体の
情報価値が失われないかぎり
機能しつづけます。
 
コンテンツを増やせば増やすほど
顧客との接点が増え
 
費用対効果が改善していくのです。
 
成果が出る時期やコスト削減率は
業種や商材で異なりますが
 
取り組みを重ねるほど
コスト効率が改善していくことは
大きなメリットです。
 
 
Point2==================
専門家として信頼される
 
2つめの重要なポイントは
コンテンツマーケティングを通じて
皆さんの会社が
「専門家」として認識され
信用されるようになることです。
 
顧客が興味を抱く情報を
継続的に提供しつづけることで、
「まじめな会社」
「専門性のある会社」
として認識されるのです。
 
特に、ブランド力が弱い
認知度が低いなどの課題が
ある場合に
このメリットは重要になるはずです。
 
 
Point3==================
顧客のロイヤルティを高められる
3つめのポイントは
 
顧客ロイヤルティ(忠誠心や愛着)
を高められることです。
顧客に役に立つ情報を出しつづけると
「こんなに役立つ情報を
惜しげもなく提供してくれるなんて
いい会社に違いない」
という印象を与え
顧客のロイヤルティが高まっていくのです。
 
ロイヤルティは
ビジネスにさまざまなメリットを
もたらします。
 
たとえば
他社との比較検討がされにくい
価格競争に巻き込まれにくい
継続発注をもらいやすいなどです。
 
 
Point4==================
情報を自然な形で拡散できる
 
4つめは、情報を自然な形で
拡散できることです。
 
検索エンジンや
ソーシャルメディアを通じて
 
コンテンツを探している人が
自然に皆さんの情報を
見つけ出してくれるようになります。
 
さらにコンテンツを
読んでおもしろいと思った人は、
 
メールや
Twitter、Facebookなどで
知人や友人に紹介してくれるので、
口コミも働くようになります。
広告に頼らなくても、
自然と情報を拡散していけるのは、
コンテンツマーケティング
の大きなメリットです。
 
 
Point5==================
幅広い地域を対象にできる
 
5つ目は、幅広い地域をターゲット
にビジネスを展開できることです。
 
コンテンツマーケティングで
宮崎の企業が東京の一流企業と
取引をしたり
 
東京の会社が地方のメーカーと
取引をする例が出ています。
 
また、これまで海外進出は非常に
ハードルの高いものでしたが
 
コンテンツマーケティングを
多言語で展開することで
グローバルをターゲットにでき
安価なテストマーケティングも
可能になります。
 
①購買者は、商品の購入前に
 自分で相当な量の情報を
 収集している。
②情報収集の段階では
 平均して10.6件の情報源に
 接触している。
 
③住宅、自動車、金融商品といった
 「高額」で購買者の
 「関与度合い」
 の大きな商品において
 特に情報収集行動が活発である。
 
④広告は「興味喚起」
 の役割しか果たさなくなってきている。
 
⑤商品ごとに情報収集の
 タイミングが異なる。
 消費財は数日、自動車は
 1年以上前からスタートしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。