【ネガティブな感情に感謝する方法】

ほんやくコンニャク
ドラえもんの道具だったら、
何が欲しいですか?
 
私は、けっこう旅行が好きなので、
べたですがやっぱり、
「ドコでもドア」が欲しいですね。
 
飛行機も2、3時間くらいなら
大丈夫ですが、
やっぱり10時間を越えると
かなり疲れますから。
 
家でドアを開けた瞬間、
南の島。
憧れます!
 
ところで、ドラえもんの
道具の中でも
人気が高い道具に、
『ほんやくコンニャク』
というのがあるのをご存知ですか?
 
その名の通り、
食べるとどんな言葉も
母国語のように
読み・聞き・話すことが
できるようになる
という優れものです。
 
本当にこんなものが発明されたら、
世の中の語学産業は大打撃でしょうね。
 
〜〜感情の翻訳〜〜
ところで、
怒っていたり、
不安だったり、
悲しかったり、
 
ネガティブな感情はありますが、
これの「意味」について
考えたことはありますか?
 
コーチングを勉強しているときに習って、
目からウロコが落ちました。
 
実は、全然「翻訳」
できていなかったんだな、
と反省しました。
  
今回は10個のネガティブな感情の
意味とその対策ということで、
「ネガ・プリスクリプション」
(ネガティブ・処方箋)
をご紹介致します。
 
〜ネガ・プリスクリプション〜
 
・不快、居心地の悪さ
意味:何かがおかしいというメッセージ
対策:自分が欲しい結果は何かを問いかける
 
・不安、恐怖
意味:準備が足りていないというメッセージ
対策:準備をする、備えられる対策をする
 
・傷つく、傷心、悲しみ
意味:他人に期待が裏切られた
対策:何も失っていないことに気づく、期待値を下げる
 
・怒り、ムカムカ
意味:自分の持っているルールが他人に破られた
対策:自分のルールを変更する、相手にルールの存在を伝える
 
・イライラ、欲求不満
意味:どちらの選択肢を選んでもネガティブな結果になる
対策:新しい第三案をつくる、他の人の意見を求める
 
・落胆、がっかり
意味:得たい結果が得られなかった
対策:新しいゴールをつくる、そこから学ぶ
 
・罪悪感、自己否定
意味:自分のルールを自分でやぶった
対策:ルールを守る、やぶったことを認める
 
・無力感、能力のなさ、絶望
意味:実力が十分ではない
対策:自分にふさわしいか問う、学ぶ、委任する
 
・重圧、プレッシャー
意味:たくさんのことをやり過ぎ、考え過ぎ
対策:優先順位をつける、行動に焦点を当てる
 
・孤独
意味:人とのつながりが薄い
対策:人と会う、電話をする
 
 
  
ちなみに実は、
このネガティブな感情はだんだんと
エスカレートする特徴があります。
  
・不快、居心地の悪さ
が長く続き、深刻になると
「不安」になります。
・不安、恐怖
を放っておくと、
「悲しい」ことが起こります
 
・傷つく、傷心、悲しみ
傷ついたまま放っておかれると、
周りの人に「怒り」を感じます
 
・怒り、ムカムカ
怒り続けても解決されないときには、
「欲求不満」状態になります
 
・イライラ、欲求不満
欲求不満が長く続くと、
諦め、得たい結果が得られず
「がっかりします」
 
・落胆、がっかり
落胆が長く続くと、
過去の自分を責め、
「罪悪感」に陥ります
・罪悪感、自己否定
罪悪感が続くと、
何もできない自分に
「無力感」を感じます
・無力感、能力のなさ、絶望
無力感がない状態だと、
「おしつぶされる」ような感覚になります
 
・重圧、圧倒、プレッシャー
おしつぶされるような状態が
長く続くと
「孤独」を感じるようになります
 
・孤独、孤立
ちなみに、
人が自殺をするのは、
「絶望」と「孤独」の状態が続き、
生きている価値が
わからなくなったときにするそうです。
 
読んでいるだけでも、辛いですが、
これがわかると、
途中で止めることもできます。
 
 
せっかくなので、
練習をしてみましょう。
Step1ーーーーー
先週1週間を振り返り、
ネガティブな感情になったときを
思い出す
 
Step2ーーーーー
その感情が10個のうちの
どれだったかを考える
 
Step3ーーーーー
ネガ・プリスクリプションを読み返して、
できた対策をイメージする
Step4ーーーーー
次に起こった時のシュミレーションを
頭の中でやってみる
 
 
慣れてくると、
ネガティブな感情になったときに、
「いまはどの感情だろう?」
と自動的に自分に
質問をするようになってきます。
 
すると、すぐに対策ができて、
すぐパフォーマンスのいい状態に戻れるようになります。
 
そして、
「あぁ、身体はいろんなことを教えてくれて、
対策をさせてくれているんだ」
と感謝の念がわいてきます。
 
怒りがわいてきた、
すぐ直後に、
「はっ!」
と自分が持ってたいらないルールに気づいて、
感謝できたこともあります。
 
ぜひ、10のネガティブな感情をマスターして、
気持ちのいい毎日を送ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。