【批判をされた時の考え方】

「お客様から批判をされてしまいました。」
 
この質問は、絶えない質問です。
 
適切に対応できなければ
毎日そのことに悩まされてしまい
自分本来のパフォーマンスが
発揮できなくなってしまいます。
 
批判を適切に
対応することができれば
 
常にPDCAを回して
ビジネスを改善させていくこと
が可能となります。
 
大企業でもクレームがあります。
 
100%の商品サービスはありません。
 
大きな企業だってアップデート
を繰り返していますよね。
 
個人事業主、中小企業であれば
より顧客に寄り添ったサービスを
展開することができるのが強み。
 
そこを活かしましょう。
 
重要なポイントをあげましょう
 
Point1====================
「貴重なご意見有難うございます」
 
この言葉が言えるかどうか
あなたの在り方が重要です。
 
何をもってクライアント
とするかは別問題ですが
 
自分のことに興味を持ち
意見をいただけること
は有難いことです。
 
愛をもって
ご意見いただいたことに対しては
「貴重なご意見有難うございます」
このマインドで一つ一つの事に
あたりましょう
Point2====================
〇〇のせいで

〇〇のおかげで 
に変換する。
 
〇〇のせいで
と言っている間は
あなたに成長はありません。
 
〇〇のせいで
という思考では
自分を守る方向に
思考が向いています。
 
そもそも人間は
自分の都合の良いように
物事を解釈する生き物ですから
その脳の思考を理解して
使いこなすことが重要です。
 
自分の都合の良いように
解釈をしていないかどうかを
もう一人自分がいるような気持ちで
自分を俯瞰するように
考えて見てください。
 
〇〇のおかげで 
という思考になれば
 
起きた出来事から
改善策を見出し実行。
 
〇〇の出来事があったおかげで
〇〇できた!
 
ということになり
あなたのビジネスは
改善されて行きます。
Point3====================
そもそも批判は起きやすい
賞賛に対して
批判は起きやすい性質にあります。
 
低層の人間は
人の悪口を言ったりするのが
どうやら好きなようです。
 
対して、ステージの高い人は
どんどん人を賞賛します。
 
どのステージの人が
どんな思考を持って
言っている意見なのかを
汲み取って見ましょう。
 
愛を持っておっしゃって
頂いている意見なのか。
 
気晴らしに言っているだけの
意見なのか。
 
その本質を理解することで
あなたのビジネスは
改善されていきます。
 
大企業でも
クレームはありますし 
常にアップデートを繰り返し
改善しています。
 
〇〇のおかげでという
思考になれば
常に改善させていくこと
ができます。
 
また、どんな人と
どんな未来を実現して
行きたいかが明確になり
相手にしていい人や
相手にしてはいけない人も
やればやるほど
どんどん明確になって行きます。
 
ついつい完璧を求めがちですが
最初から100%はありません。
 
黙っていても
ある一定層
自分のことを嫌いだという人
も現れます。
 
だったら
自分とぴったりと会う人と
自分のことを必要としてくれる人
に商品サービスを提供し
 
お互いにハッピーで
成長していけるビジネスの方が
良くないですか?
 
お互いに
信頼しあって握手できる関係が
良いですよね。
 
そのために、
日々のマーケティングは
重要なのです。
 
自分とぴったりと
会う人と出会うために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。