【新規事業の考え方】

新規事業をしたいと言う
経営者より
ご質問をいただきました。
 
うまく行って来た
経営者によくあるご質問ですが
 
既存事業が安定して来たり
次なる投資にと
新規事業を模索すること
があります。
 
新規事業を始めて
うまくいくパターンもあれば
衰退していくパターンもあります。
 
新規事業をうまく行かせるためには
間違いなく考え方があります。
 
考え方を知らずに
安易に事業に着手した経営者が
新規事業に思考や行動
のリソースを取られ
 
既存事業がうまく行かなくなったり
資金繰りに苦しんだり。
 
「その事業はいつ黒字になるんですか?」
など、大切な家族や
ビジネスパートナー
取引銀行さんや
ステークホルダーさんに
責められてしまうことになります。
 
資金が潤沢にある企業さんでは
チャレンジできるかもしれません。
 
しかし、ほとんどの中小企業さんが
既存事業の利益や
内部留保を切り崩して
チャレンジするケースがほとんどです。
 
そして、経営者という人間は
自分でやってみなければ気が済まない
という気質の持ち主でもあります。
 
よく言えばチャレンジ精神があります。
 
だからこそ市場を切り開いていける
パワーを持っています。
 
怖いもの知らずで進んでいける
エネルギーを持っています。
 
しかし、
考え方を知らなければ
それはギャンブルです。
 
だから、私のように
多くの経営者さんから相談を受ける
コンサルタントは
 
その経営者さんの気質を理解し、
チャレンジする経営者さんの
ダメージを最小限に食い止めるのも
大きな仕事の一つです。
 
「その事業、うまく行かなくなります」
結局クライアントさんは
チャレンジすることになったこと
がありますが
 
やはり数ヶ月後
「人材が足りない
資金繰りがうまく行かない」
 
このようになった企業さんがあります。
 
「だから言いましたよね?」
 
とさらに信頼を深めていただく
ことができました。
 
新規事業に対する考え方を
知っているかどうかで
 
資金繰りに苦しんで
大きな損失を出してしまうか
 
うまく行かせることができて
最高の投資になるかが変わります。
 
その考え方とは。
 
既存のリソースと
重なるところで勝負しろ
です。
 
リソースとは
 
知識
経験
スキル
人材
設備
資金
顧客
情熱
熱意
ミッション
これらの事項が
重なるところで勝負をすれば
新規事業は
うまくいく可能性が上がります。
 
ほとんどの経営者が
既存事業と関連のない事業で
相談に来ますが
 
私は慎重にその経営者さんの
ステージや使っている
言葉を聞きます。
 
その経営者さんの現在までの事業経験。
勤めの時の経験。
営業が得意なのか、人材が豊富なのか。
 
経営者(CEO)自身が
指揮を取るのか
他に経営に長けた人材がいるのかそして何より
情熱、熱意、ミッションがあるのか。
 
既存のリソースが
活きるのであれば
成功の確率は格段に上がります。
 
重なっていないのであれば
事業を一から立ち上げた時と
同じ労力がかかります。
 
雪だるまを思い浮かべてみると
理解がしやすいです。
 
最初の初動はコツコツ押して
形を整えながら
 
大きくしながらゆっくり進みます。
 
やがてその雪だるまは大きくなり、
坂の上からよいしょ!と転がして
自動的に大きくなりながら
進むようになります。
 
最初の頃はたくさんの力が
かかりますね!
 
大きくなれば
自動的に進むようになります。
 
それと同じことなのです。
 
新規事業を模索し続けることは
いいことなのですが
 
落とし穴があることを
理解しておいてください。
 
ポイントは
既存のリソースと重なるところです。
 
もし、既存の事業が
うまくいっているのであれば
その知識・経験・スキルでお客様に
価値を提供することができる
コンサルティング型の
ビジネスが最高です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。