【毎日必死に情報発信しなくても人生上手くいく話】

 
 
同僚とお酒を飲みながら愚痴をいう
友達とおしゃべりをしながら近況を話す
行った場所、食べ物をSNSにアップする
ビジネスの話をブログに書く
 
こういう日々の行動は何のためにやっているのでしょうか?
 
ストレスを解消して明日への活力ににするため、情報交換のため、コミュニケーションのため、メッセージを伝えるため・・・
 
人はそれぞれ理由があると思います。
 
ただ究極的に突き詰めれば「理解してもらうため」ということが言えませんか?
 
 
【人は理解されるために生きている】
 
 
理解されたくて
理解されたくて
理解されたくて
 
人はあらゆる言動をしてしまいます。
 
例えばこんな夫婦喧嘩
 
夫が連絡することなく帰宅が遅くなったので、妻が文句を言います。
 
「こんなに遅くなるなら、連絡してって言ったじゃない!」
「忙しかったんだよ!しょうがないじゃないか!」
「メール一本くらい送れるでしょ??」
「いつも送ってるだろう、、、今日はマジ無理だったんだよ」
「なにそれ?!?!いつもそっけないメールで、意味ないじゃん」
「意味ないってどういうことだよ!こっちは朝から晩まで仕事してるんだぞ」
・・・
・・・
妻はわかって欲しいのです。
「遅いな、連絡ないな、どうしたのかな?」とヤキモキして、寂しくて、心配した気持ちを。
 
夫はわかって欲しいのです。
家族のために外で一生懸命頑張っていることを。
 
 
お互いが口にしていることと、本当の気持ちにズレがあるので
 
表面的な言葉を真に受けると、気持ちがすれ違ったままイライラが募ります。
 
 
理解して欲しくて喧嘩しているわけです。
 
 
 
【人は理解されるために生きている】
これを意識して、よく他人の会話を聞いていると、「私のことを理解したら、お前の話を聞いてやる」という態度がそこら中に溢れていることに気がつきます。
 
「理解されたい人」は世の中たくさんいるので、どんな人が価値がありますか?
 
簡単ですね。
【理解してくれる人】です。
 
そのため私のビジネス講座の受講者やクライアントには、どうやってリストを集めて売りつけるかなんて話はしません。
 
目の前の人をどうやって理解するか?という話が8割になります。
 
特に長期的にお客さんやビジネスパートナーと付き合いたいなら尚更効果的です。
 
特に重要なのが、ここで教えているセールス方法は「嫌われない」
 
 
世の中のほどんどのセールスの教え方が「商品に確信を持って相手に本音でぶつかる」という話がほとんどですが、
 
それって【自分に意識が向き過ぎ】ているんです。
 
相手から信頼を得るために商品に確信を持つことは重要ですが、全てではないですね。
 
だって「理解して欲しい」と思っている人が、「自分の事ばっか考えている人」の話なんて聞きたくないでしょう(笑)
 
 
【人は理解されるために生きている】を腑に落として行動し始めると、全てのフィードバックから「あぁ必死に情報発信しなくても大丈夫だ!」って気がつきます。
 
ビジネスも、家族関係も、恋愛も、仕事場の人間関係も、自分自身との付き合い方も
 
 
さてあなたは、誰の理解を深めますか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。