【いくら勉強しても変われないあなたが道を開く方法】

いくら勉強しても変われないあなたが道を開く方法
 
こんな風になれたらいいな
と思うんだけど
 
なかなか変われない
という人から相談を受けます
 
イメージングをして
引き寄せを信じたり
瞑想したり
交流会に行ったり
ビジネスを勉強したり
海外セミナーに行ったりと
 
たくさんの事を学ぶんだけど
なんか成果が出ない
 
モヤモヤしますよね
 
日本の不景気や
身近な人や
育ちの環境を
恨んだりするかもしれません
 
少なくとも私はそうでした
青森県の片田舎で
口を開けば「金がない」が口癖の親が
離婚による夫婦喧嘩を10年以上
見せ続ける環境を呪った時期があります
 
 
最初の1行で反応したあなたは
大なり小なり
抜け出したい環境や状況に
いるかもしれません
 
そんな抜け出したい
環境や状況から出るために
 
必要になるのが「自信」と
「やる気」になるエネルギー
 
自信や、やる気を持つことが
大切なのは誰だって知っています
 
そう!たくさん勉強してきた
あなただって
 
ステータスの高い人
いわゆる成功者に会って
 
「頑張ろう!!」
と心に火がつき
自信に満ち溢れ
やる気がみなぎるも
 
次の日、朝起きると
なんかやる気が出ない
 
そこでやる気が出ないと
周りから
「根性なし」とバカにされる
 
ますます 自信とやる気が萎えてくる(笑)
 
 
なぜ
やる気は、長続きしないのでしょうか?
なぜ感動は、すぐ冷めてしますのでしょうか?
 
それは
脳みそに急激な変化を嫌う
ブレーキ機能があるから 
 
 
実はインターネットの普及による
情報社会によって
成功するためのノウハウはたくさんあります
 
 
でもほとんどの場合
いくら世界最新のノウハウを手に入れても
 
貧乏の人は貧乏でいようとします
デブはデブでいようとします
病人は病人でいようとします
 
何かしら「やらない理由」が思いつき
やる気がでずに時間が過ぎて行く
 
 
やらない理由を発言しているとき
「その理由は最もだ!!」
と思って発言しているのでしょうが
 
全て「あなたが変わらないため」
の脳みその理由作りです(涙)
 
「成功しているあなた」を乗せた電車が
線路に沿って「成功駅」にたどり着けば
成功できるのに
 
「成功しているあなた」を乗せた電車を
見つけては「脳みそ」駅員さんが
「危ない」と思って
電車にブレーキをかけて
線路を「失敗駅」行きに切り替えてしまうのです
 
 
この線路を「失敗駅」行きに切り替える作業は
無意識に自動で行われます
 
そのため、ほとんどの人がなんとなく
うまくいかないのです
 
 
じゃあどうしたらいいのさ?
というと
 
今の脳みその破壊!!
という方法もありますが(笑)
 
その自分にとってのブレーキの
正体を見極めれば
逆にそれを利用して
やる気を燃やし続けることができます
 
やる気が出れば
目標を実現することは
容易になってくるわけです
 
やる気を燃やし続ける方法は
次回お話をしますが
 
それ以上に
あなたは認識する必要があります
 
成功するはずだったのに
やる気がなくなる時はどういう時ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。