【代官山で学ぶ 人気を得るコツ】

 
 
東急東横線
代官山駅を出て
大通りに沿って
歩くこと10分
 
昔、好きだった
ファッションブランド
の店舗の前を通り過ぎ
 
9階建ての白いビルの最上階に上がると
陽気なメキシコの空気に包まれます
 
お店の名は
Hacienda del cielo -MODERN MEXICANO
(アシエンダ デル シエロ)
 
軽やかな小太鼓とギターが奏でる
心浮き立つリズム感
 
「いらっしゃいませ」と共に
スタッフの優しい笑顔
 
優しくこんがり仕上げたお肉に
トマトのジューシーさをそのままに
甘辛いサルサソースを添え
 
しっとりとしたトルティーヤで巻くことで
程よく麦の香りで包み込みます。
 
それを一口頬張れば
肉と野菜と麦が
ダイナミックに
そして贅沢に
口の中で踊り出します。
 
その陽気な食べ応えが
大好きなんですよね
 
ただ、この美味しさは
別のところで食べたら
違ってくるでしょう。
 
・使う材料
・調理の仕方
・盛り付けの仕方
・流れる音楽
・インテリア
・スタッフの態度
・集まる客層
  
これらが互いに影響しあって
「美味しい」と感じますね。
 
お客さんの立場から
直接見えるものもあれば
直接見えないものまで
美味しさに影響してくる。
 
 
今回、このお店で食事をご一緒させていただいた
アパレルオーナー兼
メンタリズムマーケティング アドバイザー
として成功されている
仙石さんにビジネスで人気を得るコツ
ついてお聞きしました。
 
ビジネスをする上で
大きく3種類の人に分かれます。
 
・0から1を作る人
(ビジネス アイディアを出す人)
 
・1から10を作る人
(製品の表現をより分かりやすくする人)
 
・10から100を作る人
(市場に拡散する人)
 
 
ビジネスが成功すると
情熱とスピードに溢れる
・0から1を作る人
(ビジネス アイディアを出す人)
が目立ちますが
 
必ず裏に
・1から10を作る人
(製品の表現をより分かりやすくする人)
が存在するのだそうです。
 
そこに必要なのは
「お客様を理解する客観性」
 
だからこそ、拡散した時に
喜んでくれる人が増えるのだそうですね。
 
あなたの情熱込めた製品を
人気者にしてくれる客観性は
どんなものでしょうか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。