【能力を左右する6つの脳内ホルモン】

記事を読んでいただき
ありがとうございます。
 
征一です。
  
今回は6つの脳内ホルモン
を紹介します。 
  
いちいち6つの名前を覚える
必要はありませんが 
それぞれん役割を
再認識することで 
読むだけで 
自分の頭を良くすることが
できますので 
是非ご一読ください。 
  
ホルモンバランスが崩れると 
体調や期限が悪くなります。 
  
逆にホルモンバランスを上手に 
コントロールできると 
己に忠実に 
感情に振り回されることなく 
冷静な判断ができます。 
  
脳内ホルモンが
最高の状態で分泌されると時に
記憶を噛ませると
忘れない記憶を作ることができます。
 
勉強が苦手という方こそ
もう一度
脳内ホルモンバランスを見直し
どうやってホルモン分泌を
促進できるのかの
方法を載せておきますので
 
ぜひすぐにお試しください。
 
□■□■□■□■□■
エピソード記憶を高める
アセチルコリン
□■□■□■□■□■
 
いつ、どこで、誰とという
エピソード記憶ができるのが
アセチルコリンの働きあってこそです。
 
外傷ダメージによって
エピソード障害が出ると
アセチルコリンの投与で
回復を試みます。
 
アセチルコリンがなければ
エピソードでの
記憶に難が生じて
アルツハイマーは
アセチルコリンの濃度が
極端に低くなる
病気だとされています。
 
アセチルコリンを分泌させるには
少し息の上がるくらいの運動
がいいとされています。
 
カラオケも効果的だと言われています。
カラオケ=遊びという捉え方をやめて
脳を活性化させに行くという
考えられるようになれば
普段の遊びも脳にとっては
大事な活動になります。
 
□■□■□■□■□■
チャレンジ精神を高める
テストステロン
□■□■□■□■□■
 
このテストステロンが減少すると
男性更年期と言われています。
 
やる気がなくなり判断力が鈍ります。
 
女性にも分泌されますが
男性ホルモンの代表格です。
 
チャレンジ精神を高めると
されます。
 
汗をかくレベル激しい運動
で分泌されます。
 
午後3時ごろには
著しくその分泌が下がると言われ
この時間にモチベーションを
あげようとしても
難しいのはそのためです。
 
□■□■□■□■□■
恋をする
エストロゲン
□■□■□■□■□■
 
女性ホルモンとして知られています。
 
人を好きになると出てくるホルモン
と言われており、恋するホルモンです。
 
疑似恋愛でも出てくるとされます。
 
日常のドキドキがない人は
恋する要素をどこかに
持ってくる必要があります。
 
□■□■□■□■□■
空間記憶を高める
セロトニン
□■□■□■□■□■
 
昼のホルモンとされています。
 
空間記憶と司り
セロトニンが十分に足りている人は
土地勘が優れていると言います。
 
逆に不足の人は中毒症
 
例えば
アルコール、ニコチン、ドラッグへの
依存傾向が高いと言います。
 
日光浴が効果的と言われ
腹式呼吸も有効です。
 
□■□■□■□■□■
集中力とやる気を高める
ドーパミン
□■□■□■□■□■
 
やる気と集中力を起こすホルモンです。
 
これが少なくなる疾患が
パーキンソン病です。
 
ドーパミンが海馬で放出されることで
記憶の保持がよくなるという
研究結果が出ています。
 
これを増やすには
とにかく笑うこと!!
 
笑いがない人生はドーパミンが
圧倒的に少なく
無理してでも笑うことが重要です。
 
□■□■□■□■□■
記憶の定着を高める
オキシトシン
□■□■□■□■□■
 
別名 絆ホルモンです。
 
他人に親切にすること
で出てくるとされています。
 
特にスキンシップで生まれると
されてます。
 
絆を感じて信頼を増幅させます。
 
長期記憶の力を強めるものとされます。
 
電車で席を譲ったりすることでも
分泌は促進されます。
 
 
 
大事なことは、脳は
普段から行うことを
記憶として蓄積し
筋肉とします。
 
たとえ、ブランクがあっても
脳内に築かれた経験は
筋肉のように残り
ふとした拍子で
過去の経験が昔のように蘇るのです。
 
だからこそ、
普段から意識的に
笑ったり、軽度の運動したり
日を浴びたり
人に優しくすることが
必要なのです。
 
美しいものを見たり
軽い運動をしたり
席を譲ったり、他人に優しくしたり
笑顔でいたりということは
普段からできることです。
 
この普段から行なっている
人間らしい行動こそが
自分の頭をよくしていることを
再認識すれば、より人間らしく
生きることだけで
脳が活性化することになります。
 
色々なホルモンを紹介しましたが
つまるところ、
たった一言でまとめれば
気持ちいいを主体にすれば
人生案外うまくいく
ということです。
 
自分にとって、
気持ちいいことを選んで行う。
 
これで脳内ホルモンが
整ってしまうのです。
 
笑ったり
適度な運動をしたり
汗をかいたり
人に優しくしたり
日光浴をしたり
カラオケをしたり
というのは基本、
人として気持ちのいいことです。
 
仮に
笑うのが苦痛
人と打ち解けることが
あまり好きじゃない
人に優しくするのが面倒臭い
というのであれば
どこかで自己開示ができていないので
脳のホルモンバランスが崩れています。
 
苦しいことが多いと
頭は余裕がなく
そういう状態で勉強していても
結局頭に入ってこないのです。
 
もしもあなたが
豊かな人生を歩みたいなら
脳内ホルモンバランスにいいこと
して見ましょう!
 
必ずいいことが起きますよ♫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする