迷った時に役立つ言葉(前編)

 
こんにちは!
征一です。
 
人生を豊かにいきていくためには
情報が大事!
人間関係が大事!
 
そのために、
教材を手に入れたり
環境を変えたりする方がいます。
 
表面上は、準備万端!!
 
なはずなのに、
なんかやる気が出ない。。。
 
やる気が出ない理由は
沢山思いつく。
思いつけばつくほど
迷ってしまう!
 
それは、あなたが
自分自身の潜在意識の使い方を
大幅に間違っている可能性があります。
 
ここの見直せば、
あなたの迷い込んだ森から抜け出し
人生に光が差し込みます!
 
そのための魔法を
今回、お伝えします。
 
----------
潜在意識は答えを求め続ける だから
----------
 
ど忘れというものがあります。
 
知っているはずなのに
思い出せない。
 
例えば友達と雑談していて
懐かしい90年代のあるアイドルの話題になったとします。
 
でも、あなたも友達もその芸能人の
名前を忘れてしまって
 
どうしても思い出せない
 
「確か【ま】で始まる苗字だったよな?
 
 松田? 松村?
 いや??なんか違うよな?」
 
二人であれやこれや頭をしぼりますが
いくら考えても浮かばない
 
結局「まーそんなことどーでもいーや」
と言うことになって
別の話題へと流れて行く
 
ところが友達と別れて
家に帰り一人で風呂に入っていると
「あ!松本伊代だ!」
と唐突にあの
名前が出てきた。。。
 
あなたにも経験がありませんか??
 
思い出そうと
一生懸命考えてる時には
 
浮かんでこなかったのに
そんなことはもうすっかり
忘れてしまった頃になって
ポンと正解が飛び出してくる。
 
或いは何かアイデアを出そうと
机に向かっている時には
何も思い浮かばないのに
 
「何ちょっと休憩でもするか」と
仕事を忘れて散歩でもしていると
突然良い案が浮かんできたりすることがある。
 
こーゆーことは誰でも経験していることだと思います。
すっかり忘れた頃に突然答えが浮かんで来て
驚いたことはあなたにもあるはずです。
 
何が言いたいのかと言うと、つまり
 
【意識が考えるのを
 とっくに辞めてしまった後も
 潜在意識はずっと答えを求め続ける】
 
ということ。
 
そして、これは極めて大切な事なのですが
 
意識と違って潜在意識は
答えが見つかるまで
決してストップしないのです。
 
意識ではアイドルの名前なんて
どうでも良いからどうでも良いことだから
もういいやと思っても
 
潜在意識は
ただひたすらに成立に馬鹿正直に答えを検索し続ける。
 
ヒットするまではいつまでも検索を続けるのです。
 
潜在意識にはそういう特徴があります。
 
--------
やる気が出ない人が考えていること
--------
 
さて、ここでちょっと考えてみてください。
 
【潜在意識は答えが見つかるまで
 いつまでも答えを探し続ける】
 
と申しましたが
だとすると、
 
決して答えが出ない
質問を潜在意識に投げ抜けたら
いったいどうなるのでしょう??
 
意識はもちろん
「こっちは重要な質問で
 あっちはどうでもいい質問」
などと言う区別を立てることができます。
 
しかし、潜在意識にとっては
アイドルの名前だろうが
仕事のアイデアだろうが
生きるか死ぬかの選択だろうが
 
質問は質問です。
 
一生懸命に答えを探そうとする。
 
素直で献身的である反面
潜在意識には融通きかないところがあるのですね。
 
だから答えが出るはずのない質問に対しても
 
潜在意識は答えを探そうと
永遠に努力を労力を割いてしまうのです。
 
そういう無意味な質問が
日々いくつも潜在意識に投げ込まれたらどうなるでしょうか??
 
 
容易に想像がつくはずです!
そう、さすがの潜在意識も疲れてしまうはずです!!
 
無駄な活動にリソース
(資源)を食い潰されて有意義な活動をしようとしても
そのために割けるエネルギーがないと
いうことが起こる!
 
そうなると、知らないうちに
「なんかやる気が起こらないな」と言う
心理状態に陥ってしまうのです。
 
----------
潜在意識だって疲れてしまう
----------
 
私はコーチングとしてたくさんの人たちの心の問題に
一緒に取り組んできましたが
 
「どうしてもやる気が出てこないんです
 何かすぐに疲れてしまって」
 
ということを言う人は実に多い!!
 
特に本来だったらバリバリと働き盛りであるはずの
の若い人たちに多い。
 
病気などからの問題で疲れたのではないし
気持ちが落ち込むほどの出来事なったわけでもないのに
ただ心に力が湧いてこないと。。。
 
そういう人たちには共通する特徴がある。
 
それがまさに
 
【答えが出るはずがない質問を
 自分にわざわざ投げかけてしまっている】
 
という事なのです。
 
例えば
「どうしても僕は何をやってもダメなんでしょうか?」
と言うのは消して答えが出ない質問です。
 
出るはずがありません。
何をやってもダメだと言う間違った情報が
前提になっている質問だからです。
 
って何をやってもダメなはずがない
 
いえ、私は人を励ますを言ってるわけではないのです。
事実として何をやってもダメなはずがないから
そう申し上げているのです。
 
現に、喋れるし呼吸だってできる
本当に何をやってもダメなら
そもそもこの歳まで生きてこれたはずがないんでしょ?
 
今生きているということは
今日までサバイバルしてきたってこと
 
何をやってもダメなら生き残れるはずがない。
 
そんな明らかな矛盾にも気づかず
その人はなぜ自分は何やってもダメなのか
とひたすらボヤく。
 
それがすっかり習慣になってしまっているのです!
 
しかし、感情込めてそうぼやいていたその瞬間から
潜在意識は
「俺が何をやってもダメなのは何故なんだろう」
 答えをサーチしよう!!」
と馬鹿正直に答えを求めて働き出してしまうのです。
 
いいですか?
潜在意識は答えを見つけるまで
ストップしないのです!!
 
どんなにサーチしても答えが見つかるはずがありません。
 
潜在意識はただただ無意味にエネルギーやリソースを
浪費することになる。
 
その結果として、
 
「どうしてもやる気が出てこないんです!
 なんかすぐに疲れてしまって
 
という状態だけが残ってしまう。
それはそうでしょう。
やる気出てくるはずがない
 
----------
私もそうでした
----------
 
試しにあなたの身近にいるやる気のない人の言うセリフに、
ちょっとに耳を傾けてみてください。
 
「どうして何とうまくいかないんだ?」
 
「あいつは、なんでいつも俺を疑うんだ?」
 
「どうして親父は俺のことを全く理解してくれないんだ?」
 
「なぜ私はみんなから愛されないんだろう?」
 
「俺の部下はどうしてこう馬鹿ばっかりなんだろう?」
 
とこのようなことばかりを口にしているはずです。
 
身近な人にいるでしょう?
こうゆう人が。
 
いや、場合によったら
身近どころか、かつてのあなた自身がそうだったかもしれない。
 
恥ずかしながら、私がそうでした。
 
潜在意識のパワーを
いかに自己破壊的に使っていたことか。。。
 
今、振り返って見ても怖いくらいです。
 
だからこそ、あなたにも是非真剣に
考えてみていただきたいのです。
 
私たちの頭の中には、
一日に5万ほどの考えが浮かぶのがそうです。
 
常に答えを出ない質問ばかりしてしまう
習慣のついている人は極端なことを言えば良い
一日に5万の無駄な作業が潜在意識の中で発生していることになる。
 
そしてそれは永遠に止まらないのだから
 
次の日には10万になり
 
その次の日は15万になり
 
考えてみただけでゾッとしますよね。
 
いくら潜在意識の力が偉大だとは言っても
そんなことでは健康的でハッピーな
毎日を送ることはできるはずがありません。
 
では、次回は、具体的な魔法の唱え方を
お伝えしていきましょう!!

 

■□■□■□■□ 

集客も組織づくりも、人間関係に困っていませんか?
初回無料ビジネス カウンセリングを行なっております。

お申し込みの方にはお好みのプレゼントを1つ
無料でお渡ししております✨


 

 

お好きなものをお選びいただき
選んだプレゼントの名前をメッセージでお送りください
 
【A】
ほぼ集客せずに1000万円獲得する方法
 
【B】
20倍速目標達成の秘訣

【C】
世界でも通用するお金の自由を得る方法

【D】
社長のためのインターネット集客

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする