萎えやすいヤル気を継続するために(前編)

 
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは
征一です。
 
「成功したい」と考えて
本を読んだり、セミナーに行ったり
成功者にあったり、高額な教材を買ったり
高性能なツールを買ったり
沢山の人が成功している投資に手を出したり
 
いっぱい努力しているはずなのに
全く結果が出ない人がいますよね。
 
かつての私がそうでした(笑)
 
ノウハウが悪いから?
教えてくれている人が詐欺師だから?
頭が悪いから?
 
実は、違うのです。
それは、あなたのヤル気が
なんとなく萎えたから
 
あの時は、他人や環境や遺伝子のせいにしたけど
実は、そうじゃないですか?
 
もしも、気持ちが萎えなければ
成果は出ていたはず
 
じゃあ、どうやったら、
ヤル気を継続できるのでしょうか?
 
答えは、【行動のスピード】です。
 
------------
なぜ○○の気持ちを形にする必要があるのか
------------
 
私も37歳まで東証一部のサラリーマンとして
社会人の経験を積んできました。
 
もう10年以上も前のことですが社会人になった
最初の日に社長が新入社員への挨拶の中で
こんな話をしてくれました
 
「社会人となった皆さんに
 1つ実行して欲しいことがあるのです。
 
 皆さんを今まで育ててきてくれた人
 大抵はご両親だと思いますが
 その人に皆さんの初任給から
 何かを買ってプレゼントをしてあげて下さい。
 
 ちょっとした小銭入れでも
 ハンカチでもなんでもいいんですよ
 
 昨日までは学生だったから
 ただ『ありがとう』と言葉で言えば
 それで立派だった。
 
 でも、これからは感謝の気持ちを形で
 表さなくてはならない。
 
 それが、社会人というものなのです。」
 
当時の私には、
正直なところこの話は
ピンとこなかった。
 
感謝っていうものは、
ものじゃなくて気持ちが大切なんじゃないか?
 
社会人になったからといって
何で物にすることが必要なんだろう?
 
と言う疑問を抱いたし、
そもそも入社1日目に取り立てて
聞かされる意味があるほど重要な話だとは
思えなかったのです。
 
お偉いさんの話と言うのは、
往々にして退屈でありきたりなものですが、
この人はカリスマと
温かい人格と類い稀ない実績を持つ人でした。
 
だから、みんな吸い込まれるように
熱心に聞いていました。
 
だから、意味はわからなかったけれども、
この話はずっと私の心に残っていました。
 
 
なぜ感謝の気持ちを
小銭入れやハンカチなどの形にする必要があるのか?
 
何年ものコーチングを通じて、
クライアントたちの潜在意識と向き合ってきて
今、私にはこの話に込められた
重要なメッセージがはっきりと理解できます。
 
そこには、重要な潜在意識的根拠があったのです。
 
------------
感動する!がしかし
------------
 
私は、Mr.childrenが大好きで
コンサートにいくたびに
「夢を持って頑張ろう」などと
感動していました。
 
がしかし、2、3日ぐらいなもので
一週間もすれば
元の自分に戻ってしまう。
 
『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで
目から鱗が落ち
 
「これならできそうだ!
 俺も金持ちになるぞ!」
 
と決心する。
 
でも、数日して気付けば
お金なんかすっかり忘れて
いつもの様に惰性で生きている
自分がいる。
 
それでも、しばらくすると、
やっぱり今の自分がつまらなくて
また次の新しい刺激を求める。
 
新刊本やセミナーを漁る。
 
その新しい刺激も
また数日もすれば覚めてしまう。
 
そういうことを繰り返している
 
きっと、誰にでも心当たりがあるはずです。
しかし、一方では、
興奮をずっと燃やし続けていられる人もいる。
 
Mr.childrenを観て感動し、
それからミュージシャンを始めて
努力を積み重ねて
メジャーデビューした人だっているだろうし、
 
金持ち父さんを読んで、
日々の教えを実践して、
莫大な財産を築く人もたくさんいるでしょう。
 
興奮が2、3日しか続かない人と
モチベーションをずっと燃やし続けていられる人
いったいどこに違いがあるのでしょうか?
 
------------
どうして感情が覚めてしまうのか?
------------
 
モチベーションを燃やし続けることが
できない人というのは
決まってある一つの勘違いをしています。
 
その勘違いとは
 
感情というものは放っておいても持続するものだ
 
と思い込んでいるということ
 
例えば、明日の通勤電車で
ちょっと嫌な出来事があって
イライラしていても
午後になればすっかり忘れてしまいます。
 
どんなに不愉快な気分も、
一週間引きずりことなどまずないでしょう。
 
そんな風に感情と言うのはすぐに消えてしまいます。
 
熱烈に恋をして、
「この恋を永遠だ!」と言う
 
その熱もやがて消えてしまうに
決まっているのに
 
「いやこれほど好きなのだから
 この気持ち長く続くはずだ」
と信じてしまうのです。
 
そういう人ほど気持ちは冷めると
途端に態度まで変わる。
 
そんなものは愛と呼ぶに値しない。
 
一時の感情に振り回されているだけなのです。
 
まず、
 
感情と言うのは放っておいたら消えるものなんだ
 
と言う事をはっきりと理解してください。
 
なぜこの事をはっきりと理解する
必要があるのかというと
そう理解した時に初めて
 
放っておいたら消えてしまう感情を
どうやって定着させたらいいだろう?
 
という疑問があなた自身の切実なる問題として
生まれてるからです。
 
------------
消えていく感情を定着させる唯一の方法
------------
 
例えば、誰かの電話番号を聞いたとしましょう。
あなたは、まず、どうしますか?
 
メモを取るのではないでしょうか?
或いは、早速スマホに登録するかもしれない。
 
そうしないと、忘れてしまうからです。
 
それと同じで、
気分が高揚したときや
モチベーションが上がった時などにも
 
その感情が消えてしまう前に
同じようなことをする必要があります。
 
消えてしまう前に、
それを定着させる方法が必要です。
 
もちろんメモを取れば良い
と言うわけではありません。
 
消えて感情を定着させる唯一の方法は
 
その感情を行動に変える事
 
なのです。
 
気分が高揚したら、それをその場で行動に変える事
 
モチベーション燃やし続けることのできる人は、
何かの本を読んで
「これは素晴らしい考え方だ」
と思ったら、
 
本を閉じると同時に、
すぐにそれを実践してみる。
 
その場で行動に転換することが
習慣となっていて、
ぐずぐずしていることの方が心地悪いのです。
 
モチベーションが続かない人、
 
本を読むのが気晴らし以上のものに
ならない人は
 
本を読んで刺激を受けても、
 
「期待よりもいい本だったな。
 この著者は中々良いことを言う」
と思っただけで
それだけで終わってしまう。
 
せいぜい
「ここに書かれていたことをまたそのうちやってみよう」
と思う。
 
あなたもご存知の通り
そのうちと言うのはまず訪れない
 
訪れるはずもない「そのうち」を待っているうちに、
高揚した気持ちも冷めてしまうのです。
 
じゃあ、具体的な感情を行動を
移す方法について
次回をお話していきましょう!

 

■□■□■□■□ 

集客も組織づくりも、人間関係に困っていませんか?
初回無料ビジネス カウンセリングを行なっております。

お申し込みの方にはお好みのプレゼントを1つ
無料でお渡ししております✨


 

 

お好きなものをお選びいただき
選んだプレゼントの名前をメッセージでお送りください
 
【A】
ほぼ集客せずに1000万円獲得する方法
 
【B】
20倍速目標達成の秘訣

【C】
世界でも通用するお金の自由を得る方法

【D】
社長のためのインターネット集客

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする